カードローンの失敗談と対策

カードローン利用の失敗談

カードローンの失敗談と対策

手軽で便利なカードローンですが、ついつい自分の貯金残高のような感覚で引き出してしまっていませんか?お金を引き出した時点でそれは借金です。計画的に借り入れ、返済していかないと大きな失敗を招き大変なことになってしまいます。ここでは、カードローン利用で失敗してしまった人の例をみて、これからの教訓にしましょう。

 

失敗談:高額な買い物をしすぎた

ある人は、カードローンを利用して、高額なブランド物の腕時計や財布などを購入したようです。50万円のカードローンに申し込み、審査に通過し、30万円を借り入れたそうです。30万円の返済が残っている間も、生活費の足しに、1万円、また1万円と引き出していました。

 

そのうちに、借り入れられる限度額すべてを使ってしまいました。毎月の返済には、金利分が加算されますので、返済していくのが苦しくなってしまったようです。そこで、また別のカードローンを発行して10万円を借り入れてしまいました。

 

毎月返済も借り入れもしてしまっているような状態で、節約生活を送っているのはもちろんのこと、本業の仕事を終えた後に、アルバイトを行って最終的に返済完了できたようです。ダブルワークは、体力的に大変で、借金したことを後悔しているということでした。

 

こうした話から返済が終了する前に借り入れるのは避けるようにしましょう。また、完済してからもカードローンのお金を自分のお金だと思わずに気を付けて活用しましょう。

 

失敗談:生活費の足しにした

ある方は、生活費の足しにするためにカードローンでお金を引き出していたようです。そのようなことを繰り返しているうちに、3社から同時に借り入れるまでになってしまいました。返済が辛くのしかかって、1社からの借り入れが20万円としても、3社ともなれば、60万円になってしまいます。

 

毎月3社に返済していかなければなりません。毎月、3万円以上を返済に充てているそうです。この方のように、複数借り入れをしてしまうと、返済が滞りやすい状況に陥ってしまう危険があります。

 

どのような対策をとったら良いか

まず、自分の考え方、意識を変えることができるでしょう。カードローンがあるから、お金が足りなくなったらいつでも借りよう、と思うと、ついついカードローンを利用してしまうでしょう。そのような気持ちを抑えられない人は、借り入れ限度額ギリギリまで引き出してしまうかもしれません。

 

お金を使い込んでしまい、本当に必要な時にカードローンを利用できなくなってしまいます。そのような方の対策方法は、借り入れ限度額を低く設定することが良いかもしれません。返済可能な額に設定しておくなら、集中して返済するよう心掛けるようになり、返済ができなくなるといったことにならずに済みます。

 

仕事を変えて収入を上げるか、欲張りな生活スタイルを避けて倹約することも大切です。

 

ほんの一例でしたが、カードローンの利用で失敗したことがある方の例をご紹介しました。皆さんは、このような経験はしたくないと思っていると思います。返済可能な範囲で、賢くカードローンを利用しましょう。