カードローン審査に通過できない例

カードローン審査に通過できない例

カードローンの審査に通らない理由とは?

カードローン審査に通過できない例

カードローンに申し込んだのに、審査に通らなかったという経験をされたことがありますか?カードローンの審査には、多くのカードローン会社で共通している審査項目があります。その審査基準を満たしていないということは他のカードローン会社や金融機関の審査にも通りにくい状態になっています。

 

カードローンの審査で重要視されることは、安定した収入があるがどうかです。収入がないということは、返済能力のない人と見なされ、お金を融資することは難しいと判断されてしまいます。他にも、年収の3分の1以上の借り入れを希望していないかという点も総量規制の観点から審査対象になります。

 

さらに、短期間に連続でカードローンに申し込んでいないか、自分の信用情報に事故情報などのマイナスの情報がないか、このような点もチェックされています。

 

審査される内容

信用情報に残されている取引実績・返済実績も審査されます。すでに借り入れ経験のある人の方が、はじめて借り入れる方よりも評価が高いとされています。また、取引期間も審査されます。この取引期間・借り入れ期間というのは、長ければ長いほど評価が高くなります。

 

ローン会社にとっては長い期間借り入れをする人でもきちんと返済をする人ならば、会社に金利という形で利益をもたらしてくれるのでプラス評価になるのです。また、現在の借り入れ残高も評価されます。取引の実績はあって、残高は少ないほうが審査には有利になります。また、他社からの借り入れ件数も評価されます。

 

こちらで重要視されるのは、他社から借り入れた総額ではなく、件数です。なぜなら、信用度の高い人は1社からたくさんの金額を借り入れられますが、信用度の低い人は借りられる金額の限度額が低いため、複数と取り引きしている事が多いからです。

 

たとえば、同じ金額を1社から借り入れていた場合と、少しずつ複数から借り入れていた場合では、1社から借り入れているほうが信用度が高いといえます。一般的に、3社以上から借り入れている方には、新規での借り入れは難しいとされています。

 

審査に通過できない原因や、チェックされる内容は公開されてはいませんが、カードローンの審査に申し込む際は、すべて正確に申告するようにしましょう。記入間違いだとしても、虚偽の申告をしたと見なされ、審査に通過できない場合があります。

関連ページ

審査に通過しやすい申し込み方
カードローンは非常に便利な資金調達アイテムですが、審査を通らねば使えないという問題があります。ここでは、知っておくと審査合格の確率アップする審査に通過しやすい申し込み方についてわかりやすく解説していきます。