カードローンの申し込みと審査

カードローンの申し込みと審査

カードローンに申し込むとどんなことが審査されるのか

カードローンの申し込みと審査

カードローンに申し込む際、審査があります。審査に通って初めてお金を借り入れることができます。審査対象、審査基準も知っておくとスムーズに準備ができ、普段の生活でも信用情報に傷をつけないように対策することができます。

カードローンの審査基準について

カードローンの審査で重要視されることは、安定した収入があるかどうかです。安定した収入がないということは、返済能力のない人、つまり、融資可能な人と判断されないからです。他にも、消費者金融から、年収の3分の1以上の借り入れをしていないかという点も審査対象になります。 この2点に関して問題がなければ、カードローンに申し込むことができます。さらに、住所と本人確認もあります。運転免許証、住民票、健康保険証などの住所や本人が確認できるものを提示し、申込書の内容に誤りがないか確認されます。 さらに、勤務先の確認も行われます。在籍確認がありますが、会社名を名乗るのではなく、個人名で、勤務先に電話をかけ、本当に在籍しており、勤務先に誤りがないことを確認します。勤務先に電話が来るのはどうしても避けたいという方は、書類で在籍確認可能なカードローンに申し込むとよいでしょう。 社員証や、源泉徴収票など、会社に所属していることがわかる書類を撮影し、データをメールで送ることで在籍確認を認めてくれるカードローン会社もあります。

過去の情報も審査の対象になる

これまでに、カードローン会社からお金を借り入れたことがある方は、返済履歴が重視されます。また、現在、借り入れ残高があるという方も、同じように毎月の支払いに遅延がないかチェックされます。 遅延している方は、返済能力が低いとみなされ、審査に通らない場合がありますので、注意してください。さらに、他社のカードローンから、多額の借り入れがある場合、融資が認められない場合があるかもしれません。

審査に通るか心配な時の対策

審査に通る自信がない方は、本申し込みの前に、インターネットのサイトで、カードローンに申し込む前にシミュレーションをすることができます。現在の収入、勤務形態などを入力すると、どれくらいの融資を受けられるのかがすぐにわかります。 審査に通るかどうか心配だと感じているなら、本申し込みの前に、まずホームページでシミュレーションしてみるのも良いかもしれません。 カードローンに申し込むということは、今すぐお金が必要な時だと思います。審査に確実に通って、無事に融資を受けるためにも、手続きをする前に、どのようなことを審査されるのか知っておくのは大切なことです。

カードローンの申し込みと審査記事一覧

カードローン審査に通過できない例

カードローンの審査に通らない理由とは?カードローンに申し込んだのに、審査に通らなかったという経験をされたことがありますか?カードローンの審査には、多くのカードローン会社で共通している審査項目があります。その審査基準を満たしていないということは他のカードローン会社や金融機関の審査にも通りにくい状態になっています。カードローンの審査で重要視されることは、安定した収入があるがどうかです。収入がないという...

審査に通過しやすい申し込み方

カードローンの審査に通過するにはカードローンに申し込んでも、審査に通過できなかったとしたら、振り出しに戻ってしまいます。時間も労力も余計にかかってしまい信用情報も無駄に傷がついてしまいます。すぐにお金を借り入れたいなら、1回で確実に審査に通過したいものです。審査に通るために必要事項として、一定の収入があること、年齢の条件を満たしていること(20歳以上66歳未満)、他社からの借り入れが複数ないことな...