安全なカードローンの使い方

安全なカードローンの使い方

カードローンを安全に使うには

安全なカードローンの使い方

カードローンは、急に現金が必要になった時にとても便利に使えます。手軽に現金を引き出せるのは助かるとしても、借金にはちょっと抵抗があるという方も多いでしょう。もしカードローンを頼るならば、できるだけ安全にカードローンを使いましょう。

 

カードローンに申し込もう

カードローンを利用したいと思ったら、まずはカードローン審査に申し込む必要があります。本人確認書類、収入証明書、信用情報などを元に、審査が行われていきます。審査では、申し込み者の属性が見られます。属性とは、職業、収入、勤務先の規模、勤続年数、家族構成、居住年数などのことです。

 

有利になるのは、職業は正社員や公務員の方、勤続年数が長い方。持ち家の方。居住年数が長い方です。審査に要する時間は、各カードローン会社によって違いがありますが、大手の消費者金融ですと、最短で30分、銀行でも最短即日で審査が完了し、比較的早く借り入れすることができます。

 

カードローンの返済方法は?

カードローンを利用する前に、返済の仕組みや返済方式、金利について学び、返済のコツをおさえて、お得な使い方をしましょう。カードローンを利用すると、返済時に金利分が加算されます。当然ですが、金利が高いほど返済総額は大きく、金利が低いほど返済総額は少なくなります。

 

金利は、実質年率で表示されますが、実際の利息の計算は日割りで算出されます。大手のカードローン会社で、「初めて利用される方は、30日間無利息」というサービスを行っている会社もあり、あえてそうしたサービスを利用するのもお得です。返済方式は、残高スライドリボルビング方式が多く採用されているようです。

 

この方式は、月々の返済額を低く抑えられるので、返済しやすいというメリットがあります。しかし、デメリットもあります。それは、返済が進み、借り入れ残高が減るにつれて、月々の返済金額も減ってくるので、返済期間が長くなり、支払う利息が多くなってしまうという点です。

 

可能であれば、お金に余裕のある月に、少しでも繰り上げ返済していくことによって、返済総額を減らすことができます。返済期間も短くなりますし、利息を低く抑えることもできてお得です。できるだけ早めに返済を終わらせるように心がけましょう。

 

カードローンは、必要以上に利用しなければ、とても安全なものです。目的、返済のこともしっかりと考えてから使いましょう。正しく、健全に使えば、生活の急変などにも対処してくれる非常に便利なサービスなので、賢く活用しましょう。。

関連ページ

カードローンとクレジットカードの違い
カードローンとクレジットカードもその違いが曖昧になってしまいやすいものですよね。ここではこれらを上手に使い分けるために、カードローンとクレジットカードの違いについてわかりやすく解説していきます。
カードローンとキャッシングの違い
カードローンとキャッシングは意外にその区別を曖昧に覚えている方も多いはず。使い方や取扱など、意外に違いが多いこのふたつの資金調達アイテムの違いについてわかりやすく解説していきます。
カードローンを利用している人の年齢層
カードローンはどのくらいの年齢の人が多く利用しているのでしょうか?気になる現在カードローン利用者の年齢層がどのようになっているのか、わかりやすく解説していきます。
カードローンと総量規制の影響
特定の金融機関からの借り入れに制限が設定されいてるのが総量規制ですが、カードローンには関係があるの?カードローンと総量規制の影響とその内容についてわかりやすく解説していきます。
カードローンの金利相場
カードローンを利用する時、返済の際のたんを考えるとどのくらいの利率なのかはとっても重要なポイントです。ここでは、カードローンの金利相場はどれくらいのものなのか、わかりやすく解説していきます。
カードローンでちょうどよい借入限度額
カードローンの借入限度額は、高く設定しておけば使える幅も大きいですが、返済額も大きくなってしまうので、それも考えものです。ここでは、カードローンでちょうどよい借入限度額はどう考えれば良いのか、わかりやすく解説していきます。