カードローンを利用している人の年齢層

カードローンを利用している人の年齢層

どんな年齢層の人がカードローンを利用しているのか

カードローンを利用している人の年齢層

カードローンを利用できる年齢には、制限が設けられています。未成年者には、民法上、法律が絡む行為に関する決定権を一切与えられていません。そのことを、専門用語で「制限能力者」と呼びますが、決定権が与えられのは20歳からとなります。

 

年齢の上限は、銀行系のカードローンは65歳くらいまで、消費者金融系のカードローンは69歳くらいまでを上限年齢としています。上限年齢が設けられている理由は、年金などの定期的な収入があったとしても、高齢になってくると、融資したお金を回収するのが難しいことと、人によっては継続的に安定した収入が入らない可能性があるからです。

 

70歳以降になりますと、新規での借り入れができないというカードローン会社が多く存在します。

 

カードローンに申し込める年齢

では、銀行系カードローン会社と年齢について紹介します。「りそな銀行」は満20歳から60歳未満。「楽天銀行」は満20歳から60歳未満。「三菱東京UFJ銀行」は満20歳から65歳未満。「東京スター銀行」は満20歳から65歳未満。「イオン銀行」は満20歳から65歳未満。「みずほ銀行」は満20歳から66歳未満。「オリックス銀行」は満20歳から69歳未満。

 

「三井住友銀行」は満20歳から69歳以下。「自分銀行」は満20歳から70歳未満。「ジャパンネット銀行」は満20歳から70歳未満。「新生銀行(レイク)」は満20歳から70歳以下です。続いて、消費者金融系のカードローン会社名と年齢制限もご紹介します。

 

「アコム」、「プロミス」、「アイフル」、「モビット」、「ノーローン」の年齢制限は、満20歳から69歳以下となっています。各カードローン会社によって、申し込み基準などに違いがありますので、よくご確認なさってください。

 

カードローンを利用している人の年齢や性別について紹介しました。あまり、公開されておらず、リサーチもしにくい分野ということで信ぴょう性が高い情報とも言えませんが、主に結婚や親の葬儀、子育てなどが急な出費が増えてくると予想される30代中盤の方のカードローン利用者が多いようなので参考にしてみてください。

関連ページ

安全なカードローンの使い方
カードローンは持っていれば手軽に資金を調達出来る便利な資金調達アイテムですが、便利だけに後で返済が苦しくならないかも気をつけた方が良いですよね?ここでは、返済に苦しまないための、安全なカードローンの使い方についてわかりやすく解説していきます。
カードローンとクレジットカードの違い
カードローンとクレジットカードもその違いが曖昧になってしまいやすいものですよね。ここではこれらを上手に使い分けるために、カードローンとクレジットカードの違いについてわかりやすく解説していきます。
カードローンとキャッシングの違い
カードローンとキャッシングは意外にその区別を曖昧に覚えている方も多いはず。使い方や取扱など、意外に違いが多いこのふたつの資金調達アイテムの違いについてわかりやすく解説していきます。
カードローンと総量規制の影響
特定の金融機関からの借り入れに制限が設定されいてるのが総量規制ですが、カードローンには関係があるの?カードローンと総量規制の影響とその内容についてわかりやすく解説していきます。
カードローンの金利相場
カードローンを利用する時、返済の際のたんを考えるとどのくらいの利率なのかはとっても重要なポイントです。ここでは、カードローンの金利相場はどれくらいのものなのか、わかりやすく解説していきます。
カードローンでちょうどよい借入限度額
カードローンの借入限度額は、高く設定しておけば使える幅も大きいですが、返済額も大きくなってしまうので、それも考えものです。ここでは、カードローンでちょうどよい借入限度額はどう考えれば良いのか、わかりやすく解説していきます。