カードローンとクレジットカードの違い

カードローンとクレジットカードの違い

カードローンとクレジットカードの違いとは?

カードローンとクレジットカードの違い

カードローンとクレジットカードは、同じように思われるかもしれませんが、いくつ違いがあります。カードローンとは、専用のカードでCDやATMから現金を引き出して借り入れることです。「クレジットカード」は、ショッピングをした際に、商品代金を立て替えてくれるサービスが提供されており、現金を出さなくても買い物ができます。

 

クレジットカードにも、付帯機能としてキャッシング枠が設定されることもありますが、現金を借り入れる予定がない場合は、キャッシング機能を外すこともできます。このように、商品の代金を決済する機能があるかどうかという点に違いがあります。カードの発行元にも違いがあります。

 

「カードローン」は、銀行か消費者金融会社が発行しているのに対し、「クレジットカード」は、クレジットカード会社が主に発行しています。「カードローン」は、貸金業法という法律の下で、サービスが提供されています。総量規制があるので、年収の3分の1以上のお金を借り入れることができません。

 

「クレジットカード」は、割賦販売法という法律の下、サービスが提供されています。

 

金利や返済方法の違いについて

次に、金利や返済方法の違いについて説明します。「カードローン」も「クレジットカード」も、金利は、平均で18.0%前後となっています。各カードローン会社、各クレジットカード会社によって金利には違いはありますが、「カードローン」と「クレジットカード」を比較すると、クレジットカードの金利の方が低くなっています。

 

返済方法は、「カードローン」は、翌月の決まっている返済日に一括で返済することが多いですが、借り入れた金額が大きく、一括で返済できない場合は、分割払いやリボルビング払いで返済することもできます。「クレジットカード」は、毎月の決まっている返済期日に、一定金額をリボルビング払いで返済していく方法が一般的になっています。

 

申し込み・審査に関して

「カードローン」と「クレジットカード」、審査の違いに関してはそれほどあるわけではありませんが、カードローンは現金を借り入れる目的です。クレジットカードの役割は、ショッピングした商品の代金を立て替えることですから、カードローンの審査の方が厳しいようです。

 

しかし、クレジットカードにキャッシング枠を付帯するとなると、審査はほぼ同じか、少し厳しくなります。

 

「カードローン」と「クレジットカード」の違いについて紹介しました。それぞれのしくみや、金利、返済方法の違いについておわかりいただけたでしょうか。これらの点をよく理解した上で、計画的にカードローンを利用するようにしましょう。

関連ページ

安全なカードローンの使い方
カードローンは持っていれば手軽に資金を調達出来る便利な資金調達アイテムですが、便利だけに後で返済が苦しくならないかも気をつけた方が良いですよね?ここでは、返済に苦しまないための、安全なカードローンの使い方についてわかりやすく解説していきます。
カードローンとキャッシングの違い
カードローンとキャッシングは意外にその区別を曖昧に覚えている方も多いはず。使い方や取扱など、意外に違いが多いこのふたつの資金調達アイテムの違いについてわかりやすく解説していきます。
カードローンを利用している人の年齢層
カードローンはどのくらいの年齢の人が多く利用しているのでしょうか?気になる現在カードローン利用者の年齢層がどのようになっているのか、わかりやすく解説していきます。
カードローンと総量規制の影響
特定の金融機関からの借り入れに制限が設定されいてるのが総量規制ですが、カードローンには関係があるの?カードローンと総量規制の影響とその内容についてわかりやすく解説していきます。
カードローンの金利相場
カードローンを利用する時、返済の際のたんを考えるとどのくらいの利率なのかはとっても重要なポイントです。ここでは、カードローンの金利相場はどれくらいのものなのか、わかりやすく解説していきます。
カードローンでちょうどよい借入限度額
カードローンの借入限度額は、高く設定しておけば使える幅も大きいですが、返済額も大きくなってしまうので、それも考えものです。ここでは、カードローンでちょうどよい借入限度額はどう考えれば良いのか、わかりやすく解説していきます。