カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの違い

カードローンとキャッシングの違いについて

カードローンとキャッシングの違い

「カードローン」と「キャッシング」、どちらもお金を借りることだから同じだと思っていませんか?まず、「カードローン」ですが、主に銀行やノンバンクなどが発行するローン専用のカードを使って、CDやATMで引き出したり、指定の金融機関の口座振り込みでお金を借り入れることです。

 

「キャッシング」とは、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使って、CDやATMからお金を借り入れることです。引き出せる金額の上限は、契約内容によって決められています。契約に際しては、事前に審査があり、審査を通過しなければキャッシングを利用することはできません。

 

返済の仕方に違いはある?

それぞれの返済の仕方について、「カードローン」は、長期間の借り入れする場合が多いので、返済方法は、分割払いや残高スライドリボルビング払いなど何回、何十回に分けて返済する分割払いが一般的です。毎月決まっている返済日に、指定口座から引き落とされます。

 

毎月の返済額は少額に抑えられますが、その分、返済期間が長くなります。ですから、ボーナス月など、お金が比較的余裕のある月に多めに追加で返済すると、予定よりも早めに完済することができて金利も節約できます。キャッシングは、短期間だけ借り入れをされる場合が多いので、返済方法は、金利の負担が少なくて済む翌月一括払いが一般的です。

 

翌月の返済日までに、借り入れた金額に加えて金利分を追加した金額を返済するという方法です。最近では、残高スライドリボルビング払いなど、他の返済方法もありますのでご安心ください。

 

金利の違いはどうか?

金利は、各カード会社によって違いがありますが、キャッシングの金利よりも、カードローンの金利のほうが安く設定されています。大手カードローン会社の金利の上限は、13.8%、14.5%、14.6%、17.8%、18.0%のように設定されているものが多く、キャッシングの金利の上限は、18.0%、20.0%に設定されているものが多いようです。

 

カードローンも、キャッシングも、現金が必要な時にすぐ引き出せるという点では共通していますが、返済の仕方や、金利には違いがあるということでした。買い物、海外旅行、現金のキャッシングなど、カードを利用する前に、毎月きちんと返済していけるかどうか確認してから使うようにしましょう。

関連ページ

安全なカードローンの使い方
カードローンは持っていれば手軽に資金を調達出来る便利な資金調達アイテムですが、便利だけに後で返済が苦しくならないかも気をつけた方が良いですよね?ここでは、返済に苦しまないための、安全なカードローンの使い方についてわかりやすく解説していきます。
カードローンとクレジットカードの違い
カードローンとクレジットカードもその違いが曖昧になってしまいやすいものですよね。ここではこれらを上手に使い分けるために、カードローンとクレジットカードの違いについてわかりやすく解説していきます。
カードローンを利用している人の年齢層
カードローンはどのくらいの年齢の人が多く利用しているのでしょうか?気になる現在カードローン利用者の年齢層がどのようになっているのか、わかりやすく解説していきます。
カードローンと総量規制の影響
特定の金融機関からの借り入れに制限が設定されいてるのが総量規制ですが、カードローンには関係があるの?カードローンと総量規制の影響とその内容についてわかりやすく解説していきます。
カードローンの金利相場
カードローンを利用する時、返済の際のたんを考えるとどのくらいの利率なのかはとっても重要なポイントです。ここでは、カードローンの金利相場はどれくらいのものなのか、わかりやすく解説していきます。
カードローンでちょうどよい借入限度額
カードローンの借入限度額は、高く設定しておけば使える幅も大きいですが、返済額も大きくなってしまうので、それも考えものです。ここでは、カードローンでちょうどよい借入限度額はどう考えれば良いのか、わかりやすく解説していきます。