カードローンで多重債務にならない対策

カードローンで多重債務にならない対策

多重債務とは?

カードローンで多重債務にならない対策

カードローンの利用で、多重債務になっている方は多くいます。多重債務とは、複数の金融機関から借金をしている状態のことです。

 

カードローンに申し込みをした時に、多重債務に陥るとは最初は誰もが思っていないものです。

 

では、どのようにして多重債務に陥ってしまうのかについて考え、対策も事前に講じていきましょう。

 

なぜ多重債務に陥ってしまうのか

なぜ、多重債務に陥ってしまうのでしょうか。最初のきっかけは、ほんのちょっとしたことなのかもしれません。たとえば、欲しい物を買うためや、生活費が足りない時にカードローンを利用したのかもしれません。これだけだったら、すぐに返済し終えるのではないかと思いますよね?

 

しかし、このようなことから借金への抵抗がなくなり、返済がかさんでくることが起こり得るのです。それは、返済方法を分割払いやリボ払いにすることです。分割払いやリボ払いは、月々の返済額はそれほど多くなく、これなら完済まで余裕だと思うでしょう。

 

もちろん、この段階で完済を目指すなら大丈夫ですが、さらに、カードローンを利用し、分割払いやリボ払いに返済額が追加してくるとどんどん危険になってきます。残高が増えると、その分、月々の返済額が増え、厳しくなっていきます。返済をするために、返済のための借り入れを繰り返してしまうこともあります。

 

このような返済を続けていると、収入に対して返済額の占める割合が大きくなり、生活ができなくなってしまい、さらに別のカードローンから新たに借り入ることになってしまいます。ここまでくると、一人の力で完済するのは難しくなります。場合によっては、任意整理や自己破産を行なわなくてはならなくなります。では、そうならないための対策についても考えていきましょう。

 

多重債務に陥らないための対策

カードローンを利用する理由は人それぞれだと思います。利用した際には、一括払いなのか、分割払いなのか、リボ払いなのかを把握しましょう。返済期日もきちんと手帳などで管理して守りましょう。どれくらいローンが残っているのかも明確にしておきましょう。

 

新たにカードローンを利用したなら、返済計画書のようなものを自身で作成し、返済が増えたなら書き換えて最新の情報にしておきましょう。月々の返済額がよくわからないままだと、どんどん返済額が増えてしまい、最終的には返済不能になってしまいます。

 

ここではカードローンの多重債務について説明してきました。最初のうちは、返済額も少なく、余裕で返済していくことができるかもしれません。しかし、返済を重ねていくと、いつの間にか多重債務という状況から抜け出せなくなってしまいます。債務整理などにならないためにも、対策を講じて、カードローンの利用を早めに返済できる範囲にとどめておきましょう。

関連ページ

バレにくいカードローン利用のコツ
カードローンは非常に便利にお金を借りることが出来るアイテムと言えますが、借金であることもあって知人や家族には知られたくないという方も多いはず。ここでは、カードローンのバレにくい使い方についてわかりやすく解説していきます。
ギャンブルや事業性資金には使えない
カードローンは非常に便利にお金を借りることが出来るものですが、使途によっては利用できない場合があるって知っていましたか?ここでは、カードローンはなぜギャンブルや事業性資金に使うことが出来ないのか、その理由などをわかりやすく解説していきます。
一時的な学費の支払いにもカードローン
カードローンは持っていれば手軽に資金を手に入れられる非常に使い勝手の良いアイテムですが、使途を選ぶのではと不安な方も多いはず。ここでは、カードローンの使途として、一時的な学費の支払いに使うことが出来るのかわかりやすく解説していきます。
冠婚葬祭でも頼れるカードローン
カードローンは持っていれば手軽に資金を調達出来る便利なアイテムですが、使い途は何に使っても良いというわけでは無いと心配な方もいらっしゃるかもしれません。ここでは、冠婚葬祭ではカードローンを利用できるのか、わかりやすく解説していきます。
海外旅行でも使いやすいカードローン
非常に便利な資金調達アイテムとなり得るカードローンは、大きな出費の際の資金源としても役立ちます。ここでは、まとまった資金が必要となる海外旅行で利用しやすいカードローンのメリットについてわかりやすく解説していきます。
返済と借り入れが同時にできるカードローン
カードローンは使い方によってかなり便利に利用できるスグレモノの金融商品といえますよね!ここでは、返済と借り入れが同時にできるカードローンの機能についてわかりやすく解説していきます。