バレにくいカードローン利用のコツ

バレにくいカードローン利用のコツ

家族や職場にバレたくない人のためのカードローン

バレにくいカードローン利用のコツ

カードローンを利用したいと思っても、家族や職場にはバレたくないという方はきっと多くおられることでしょう。大抵、バレてしまうのは、カードローン業者からの郵送物ではなく、申し込み時のカード発行で郵送物が届く、申し込み時の契約書で郵送物が届く、カードの利用明細書が郵送で届く、滞納した場合に郵送物が届くといったことが起きます。

 

カードローン会社によっては、カードの発行、契約書、利用明細などは郵送なしにできます。ただし、返済を延滞してしまった場合は、どうしても郵送物が発生してしまいますので、ご注意ください。気を付けることは、返済日を忘れないこと、返済期日を必ず守ること、カードローンの利用は余裕を持って利用することです。これらの点には特に気を付けていきましょう。

 

本人確認・在籍確認に関して

カードローンに申し込むと、申し込み者が本人であるかどうかを確認するため、会社・勤め先に電話がかかってきます。その際、自宅の電話番号を記すと、自宅に電話が来て、家族にバレてしまうことがあります。ですから、連絡先をご自身の携帯電話にしておくことで自宅へ電話が来て、バレてしまうということを防ぐことができます。

 

カードローンの審査では、在籍確認といって、申し込み者がその職場に勤務しているか、確認の電話が来ます。その際は、貸金業者は、貸金業法で「契約者以外の第3者に契約の事実を知らせてはならない」と決められているため、カードローン会社名は出さず、担当者の個人名で電話かかってきますので、職場の人にはバレにくいです。

 

しかし、どうしても職場に電話をかけて来られるのは困るという場合は、電話以外の方法で在籍確認を行なってくれるウェブ完結型のカードローン会社がありますので、そちらに申し込むと良いでしょう。勤務先の社員証、健康保険証、給与明細など、今その職場で働いていることが証明できる書類を提出し、確認できれば在籍確認を認めてくれるケースがあります。

 

カメラで撮影してメールで送信するだけで認めてくれます。撮影する際、文字が鮮明に見えるようにキレイに撮りましょう。この方法で在籍確認をとってもらえれば、職場に電話がかかって来ることはありませんので、職場にカードローンの申し込みをしているということを知られることはありません。

 

他にも、カードローンを申し込む時に、家族には秘密にしたいということを伝えておくと、連絡が必要になった時でも、秘密が守られるように配慮してもらえます。バレにくいコツを踏まえて、カードローンに申し込みましょう。

関連ページ

カードローンで多重債務にならない対策
カードローンは非常に便利に資金を調達出来るために、ついつい使いすぎてしまうという難点もありますよね。ここでは、カードローンで多重債務にならないための賢い対策法についてわかりやすく解説していきます。
ギャンブルや事業性資金には使えない
カードローンは非常に便利にお金を借りることが出来るものですが、使途によっては利用できない場合があるって知っていましたか?ここでは、カードローンはなぜギャンブルや事業性資金に使うことが出来ないのか、その理由などをわかりやすく解説していきます。
一時的な学費の支払いにもカードローン
カードローンは持っていれば手軽に資金を手に入れられる非常に使い勝手の良いアイテムですが、使途を選ぶのではと不安な方も多いはず。ここでは、カードローンの使途として、一時的な学費の支払いに使うことが出来るのかわかりやすく解説していきます。
冠婚葬祭でも頼れるカードローン
カードローンは持っていれば手軽に資金を調達出来る便利なアイテムですが、使い途は何に使っても良いというわけでは無いと心配な方もいらっしゃるかもしれません。ここでは、冠婚葬祭ではカードローンを利用できるのか、わかりやすく解説していきます。
海外旅行でも使いやすいカードローン
非常に便利な資金調達アイテムとなり得るカードローンは、大きな出費の際の資金源としても役立ちます。ここでは、まとまった資金が必要となる海外旅行で利用しやすいカードローンのメリットについてわかりやすく解説していきます。
返済と借り入れが同時にできるカードローン
カードローンは使い方によってかなり便利に利用できるスグレモノの金融商品といえますよね!ここでは、返済と借り入れが同時にできるカードローンの機能についてわかりやすく解説していきます。